--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/10/30(月)
『必修すべき科目…』

先日来、高校の未修得科目問題が社会的な論議となっております。
多くの方が言われているように、「基本的人格を培うべき教育の場」である高校が、「大学進学のための予備校」と化している現状となっていることが今回浮き彫りになったといえましょう。


とはいえ、教育しなければならない科目…は受験のための勉強ではなく、人格形成のための勉強でなければならないと思うのです。諸事情はあることは重々承知ですが。


数学や理科は理論的な思考能力・分析力を、
国語は日本人としての感性・表現力を、
英語は国際社会に対応するコミュニケーションスキルを、
社会は日本人としてのアイデンティティの確立を含む人間の発達過程の理解


のために行われる教育こそが求められることなのだと思っています。国語や英語はともかく、日常生活において数学の公式や歴史年表そのものは活用されにくいものでしょう。が、大切なことはそれを暗記することではなく、それらを通じて客観的分析をしたり、過去を振り返り現在を見て未来のあるべき姿を考えることだと思うのです。


社会の中に生きる人間として、どう生きるかを見通した高校教育を期待したいものです。
そして大学はそのベースを基にして専門教育に特化していくわけですから。そのベースがグラグラしてしまえば、大学教育が先細りするのは目に見えて分かることでしょう。専門性は豊かな人間性の相まって意味をもつものと思います。


教育とはなんぞや?人間教育とは?
そういうことを再認識させる出来事だと思います。これをただの社会的事件ととらえず、未来に生きる若者に何ができるのかを考えた(「卒業できればそれでいい」ではなく)見直しをしていただきたいものです。


だいたい、世界史やってないってことは、中世の哲学論、宗教関連に触れてないということですわね。あれって「人間が人間として生きる」ことを教えるのにもってこいの教材だと思うのですが。。。自分も門外漢ですが、それに触れる機会があることは大切だと思いますよ?

スポンサーサイト
Mt.side
> るんささん
同じ高校・同学年(クラスは違いましたが)なのに、、、自分の記憶では、日本史と世界史を受けた記憶がありますよ。世界史はカタカナの地名、人名に苦しみ、成績が↓傾向でしたけどね。^^;

高校時代の自分の成績表みてみないとなんともいえませんが、自分はふたつ受けたような気がします。もしかしたら、自分たちも未習得=卒業取り消しとかなったりする!?(それはないか)
2006/11/01(水) 10:43:05 | URL | [ 編集]
るんさ
高校んときに、現代社会の名のもとで世界史をやり、結局世界史の単位を取得していません
そんな私も地歴の免状を持っている訳で

2006/10/30(月) 20:31:09 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。