--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/12/11(月)
『ひとり、畑にて思う…』

明日、本学の耕作地の土づくりを行います。そのためには畑を更地にしなくちゃいけないのですが、短期大学部の耕作地に夏の残りがまだ残っていました。
それが唐辛子となすの植え付け物です。


すっかり全て収穫されたものとばかり思っていましたが、それを4時間目中に自分ひとりで鍬を片手に、スーツ姿で刈り取ってきました。帰宅途中の小学生に「なにそれ~?おばけなすの木!!」と笑われながら(確かに自分の身の丈よりも大きく育っているなすの木なので、ありえないくらい大きくなってまして…)も、鍬ふるって、木のとげで血まみれになりながらも全て引っこ抜いてきました。


唐辛子などはかなり多く収穫があったであろうと思うのですが、そういう命を有効に頂くことなく奪ってしまう自分、最後まできちんと育て、収穫することができなかった講義運営…いろいろなことに落ち込みながら鍬をふるっていました。
命を粗末にする…ということはこういうことなのか、そういうことを改めて実感した夕方でした。


なんだか失敗続き…というか自分の至らないことばかりが見えてきたこの数日間。何をどう頑張ればいいのか分かりませんが、


悩む暇があれば、ひとつでも一歩でも前に進む努力をする


その気持ちを忘れずにまだまだガムシャラでいたいと思います。オチがいまいちすっきりしませんが、そんなところで。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。