--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/02/08(木)
『健全な希望ではなくて、国が進めるべき方針だろうと思います』

国会では、柳沢厚生労働大臣の発言part.2に対する批判が加熱してますね。正直なところ、言葉の揚げ足取りよりも、中身を審議してさまざまな法制度が国民生活の足しになるように決めて欲しいと思うのですが…。辞めろ・辞めないを言い争わせるために、国会議員になってもらったわけではないので。。。
そんなわけで(!?)今回は

「結婚し2人以上の子どもを持ちたいという(若い人の)極めて健全な希望にフィットする政策を考えていかないといけない」

という発言が批判されているわけです。
そんなに失言と騒ぐほどではないと思うのですが、これは柳沢大臣の表現がアカンかな?と思って報道を見てます。


現実に、人口減少を食い止めて人口を維持するには、期間合計特殊出生率が2.0(計算上、一人の女性が子どもを2人産む)ないといかん…正確には2.08…のです。ところが、1975年にはすでに2を割り込んでおり、2004年は1.2888、2005年も1.26、東京都などでは0.98だとニュース紙面をにぎわせていたことは記憶に新しいところ(とはいえ、事件類が多すぎて忘れ去られていそう)です。
そんなこともあって、柳沢大臣としてはこういうべきだったのでしょう(例えば…の話ですが)

「女性が安心して2人以上出産し、家族が健やかに育児に努めることができるように、医療や生活保障の面で最大限の支援ができるよう法制度の整備に努めていきたい。そうすることで、国としては人口減少に何としても歯止めをかけていきたい」

であったら、まだこんな批判を受けることもないだろうし、前回の失言を一蹴できたのではないか…と思うのですけどね。無論、批判かわしではなく、人口減少は国政の土台を揺るがす問題です。それと「生む権利」、「育てられる条件整備」を結びつけて発言し、行動に移していかなければならないと思っています。
とはいえ、柳沢大臣の更なる失言を知ってるがゆえに「こう言えたんじゃないか?」と批判できるので、自分も偉そうなことはいえないです。(汗)

【余談です】
柳沢大臣の失言問題(?)に関するさまざまな記事をみていると、
「社民党の福島党首は国民の代表である国会議員のはずなのに、いつから”女性(だけ)”の代表になったんだ?福島党首の支持者に男性はいないのか?」
という類の記事がいくつかあって、思わず膝を叩いて「うまいっ」とつぶやいてしまいました。確かに、国民の代表と女性の代表では…意味が違いますよね。


続きを見る前に、まず こっちをクリックしてくださいねー!
(blog rankingにご協力を<(_ _)>)

[柳沢厚労相]「子供2人以上が健全な希望」記者会見で発言
 柳沢伯夫厚生労働相は6日の閣議後会見で、自ら発言した「女性は産む機械」について「不適切な発言をおわびしたい」と改めて謝罪しつつ「与えられた職務を微力ながら全うしたい」と辞任する考えがないことを繰り返し強調した。今後の少子化対策については「結婚し2人以上の子どもを持ちたいという(若い人の)極めて健全な希望にフィットする政策を考えていかないといけない」と話した。【玉木達也】
2007年02月06日15時01分
出所:livedoorニュース

柳沢発言問題:「健全」発言に強く抗議 社民・福島党首ら
 社民党の福島瑞穂党首は6日の党参院議員総会で、柳沢伯夫厚生労働相が同日の記者会見で「2人以上の子どもを持ちたいという健全な希望」と発言したことについて「女性不在、また頭数で(少子化対策を)言ったことに強く抗議する」と述べた。民主党の輿石東参院議員会長も党参院議員総会で「2人以上産まない女性は健全じゃないのか」と批判した。
毎日新聞 2007年2月6日 13時38分
出所:MSNニュース

スポンサーサイト
Mt.side
◆ Rukoさん
素敵な日本、、、人によってイメージはそれぞれでしょうが、自分にとっては「思いやりのあふれた国」であり、「大人が子どものよき見本であり続ける国」だと思っています。子どもたちが将来に夢をもてない=大人を憧れとできないのはとても悲しいことだと思いますので。。。
2007/02/11(日) 22:05:08 | URL | [ 編集]
Ruko
Sideさん。メロ友になっていただいて有難うございます。ネットでこのニュースをチェックして、力が抜けました。なんでしょうか・・・。最近、日本では国民がイライラのハケグチを見つけてはこういう風に叩くのが流行ってるんでしょうか?もっと大事な所は他にありそうなのに・・・。しばらく日本にいないので、浦島太郎状態ですが、「素敵な日本」であり続けて欲しいなと切に願っておるわたくしです。またきま~す。v-238
2007/02/11(日) 07:23:16 | URL | [ 編集]
Mt.side
◆ Kozさん
コメントありがとうございます。
国会議員ですから、結果として「国民全体の生活の利益」を最優先してほしいですよね。政権取りや派閥争いは国民の生活とまったく無縁なところにありますから。。。
2007/02/08(木) 13:07:22 | URL | [ 編集]
koz
「にフィットする政策を考えていかないといけない」の部分がカットされている報道が多いですね。

2人以上の子供が欲しいという人が多いのに、実際には1人以下という現実。
ここのトコロをどうにかする政策を話し合って、施行してもらうのこそが議員の仕事なんじゃないかしら。
2007/02/08(木) 11:14:46 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。