--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/04/10(火)
『大学教員として、痛ましい事件』

追記にあるように「指導方法に問題があり、ゼミ生の経済学部2年の女子学生(当時20歳)を自殺に追い込んだ」という話は痛ましい事件ですね。
亡くなられた女子学生さんのご冥福をお祈りいたします。

それにしても、留年に関わるような大切なやりとりをメールで済ませてしまえるご時世。少なくとも本学では、呼び出し-面談というオーソドックスですがface to faceのかかわりを重視していると自負しております。そのあたりは大学規模の関係で、「顔の見える」大学であるところが大きいとは思います。
その准教授が、学生さんとどのようなやりとりをしたのかは分かりませんが、一方的な通告だけであれば、教員としての配慮のなさは指摘されるべきかもしれません。もしかしたら、その学生との質疑応答のやりとりがあり、なおかつレポートが出てこないということであれば、指摘されるポイントは変わってくるとは思いますが…。

さて、「宿題が2年生としては難解で留年通告が女子学生を自殺に追いやったと結論付けた」とのことですが、どんな宿題が提示されたのかは分かりません。しかし、教員の立場から感じることは「手もあって足もあって頭もあるんだから、先生のところ聞きにいけばいいじゃない。図書館いってそれらしい本を手にとってみたらいいじゃない。最初のうちは友達と相談しながらでもいいじゃない」と思うのです。
おそらく、自分であれば(一般的に教員であれば…かな?)、回答は教えないでしょう。まれに「教員は教えることが仕事だろう?」とツッコミを受けることもありますが、「教員は考えさせることが仕事」なのだろうと解釈しています。社会に出たときに、自分で考えることが出来る人材でなければ、通用しません。自分で考えることができれば、どの知識が不足しているのかが見えてきます。知識が増えれば考える視点も多角的になっていきます。教員は、そういった形で学生の学びの自立を促してこそ教員でありうるのだと思っています。

こういう本があるよ?こういう考え方もあるよ?そういうのを読んでみて、あなたはどう感じた?どう整理する?

学生さんたちが学ぶべき最も大切なことは、”考えるプロセス”だと思います。レポートは考えたプロセスを形にしたものです。与えられた課題が難しいのであれば、自分なりの言葉で噛み砕いて分かるようにしたらいいのです。
そういう意味では、両者の歩み寄る努力不足が、このような悲しい事件を引き起こしたのではないか、そう感じます。改めて、学生と向かい合うときの自分自身の態度を考えさせられるニュース記事でした。

ただ、学期末試験近くになると「何がでますか?これ、出ますか?」とテキストや配布プリントを持ってやってくる学生さんもたまにいるわけで、そういうケースには、笑顔で「頑張れ♪」と言うようにしています。出来る限り優しくいようとは思いますが、そんなに甘くはございません。sweet better味チョコレートのような存在です。(苦笑)


続きを見る前に、まずこっちをクリックしてくださいねー!
(blog rankingにご協力を<(_ _)>)

[高崎経済大]准教授を懲戒免職
ゼミ女子学生の自殺で
2007年04月10日00時33分
 高崎経済大学(群馬県高崎市)は9日、指導方法に問題があり、ゼミ生の経済学部2年の女子学生(当時20歳)を自殺に追い込んだとして、同学部の男性准教授(38)を懲戒免職処分とした。学生の自殺を理由に教員が懲戒免職処分を受けるのは異例という。また、管理責任者の木暮至学長を減給10%(2カ月)、石井伸男経済学部長を同(1カ月)とした。
 大学によると、准教授は昨年6月、ゼミ生に夏季の宿題として高度な課題を課し、女子学生は一部を提出していなかった。准教授は12月、未提出の3人に「提出しなければ留年」などとメールを送信。期限の1月15日夕、未提出の2人のうち女子学生だけに催促のメールを送った。女子学生は「留年すると分かっています。人生もやめます」と返信。同夜、同県みどり市の渡良瀬川に投身自殺した。
 大学の調査委員会はゼミ生や他の教員からの事情聴取で、宿題が2年生としては難解で留年通告が女子学生を自殺に追いやったと結論付けた。また、准教授は他の学生に度を越したセクハラ発言などの暴言があったという。准教授は「間違ったことはしていない」と反論しているという。【伊澤拓也】


出所:livedoorニュース

スポンサーサイト
Mt.side
別のニュース記事をみたところ、

課題は「アダム・スミスの重商主義批判の論点を説明させるなど10の設問から五つを選んでリポートするのと、新聞社説10本の要約とそれについてのコメントをまとめるという内容」なのだそうです。大学院で求められるような内容(大学談)とのことでした。

専門分野が異なるのでなんともいえませんが、新聞社説の要約とコメントならできそうかな?でも、設問のほうは難儀しそうです。(汗)
2007/04/10(火) 12:06:58 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。