--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/05/31(木)
『サクランボ?』

昨日のことです。

「大学の職員用駐車場の植え込みにおもしろいものがあるよ」

そう用務のIさんに言われて、「??」と思いながら一緒に足を運んでみました。

「これ、これ!」

とニコニコしながらいうIさんを見て、何が面白いのだろう??と思ってみると…

な、なーんと!


こんな実がついてました!!分かります?赤く熟した何かの実。
ゆすらうめの実サクランボのようなサクランボじゃないような。
もちろん木苺とも違う。。。
食べてみると、甘くはないけれどもサクランボのような味わい。
なんだろう、これは??

これは何か?という疑問もそうですが、今までこんな身近なところにこんなものがあるなんて、全然知らなかったです!すごいすごい。

だって、普段自分たちが見ているのは下の写真のような感じです。
ゆすらうめ
同じ立ち位置でズームしてみると、先ほどの実がついているわけで。いやはやビックリです。この大学に勤めて6年目になりますが、初めての発見でした♪

それと、これも知らなかったことですが、この木の近くには林檎の木もありました。いやぁ、まだまだこの大学のこと、知らないですね。ポリポリ。


続きを見る前に、FC2blogranking←クリックを!
(blog rankingにご協力を<(_ _)>)

介護の2年生が実習から戻って、人間学演習で畑やるときに食べさせてあげようかな。(笑)
あ、ちなみにこの木は「梅桃(または山桜梅)」と書いて「ゆすらうめ」というんだそうです。

<ゆすらうめ一口メモ>
花期 : 4月(花)、6月(実)
科名 : バラ科
属名 : サクラ属
学名 : Prunus tomentosa
英名 : Chinese bush fruit, Nanking cherry
和名・別名 : ゆすら
性状 : 落葉低木
原産地 : 中国
花言葉 : 郷愁
花色 : 白、淡紅

1cmほどの赤い球形の果実が美しい家庭果樹、あるいは観賞樹として、江戸時代から栽培されてきました。高さ2~3mの低木で、枝に直接果実が着きます。果実は甘酸っぱく、生食されますが、果実酒にも向きます。花は白色~淡紅色で、桜の咲く頃、葉に先立って、あるいはほとんど同時に咲きます。果実の色は白色もあります。中国では果樹として古くから栽培されており、桜桃と称しています。(ただし、現在は日本では桜桃はサクランボのことです)。名前にある「ゆすら」とは、実を採るために枝を揺する、揺らすというような意味です。

引用:ゆすらうめ

スポンサーサイト
Mt.side
◆ きくぞうさんへ
もちろん一人だったら考えましたが、用務のIさんが「大丈夫」と言っていたので、安心して食べたんですよ。
小学生の頃は、冬にツララをとってしゃぶりながら帰った記憶があります。(笑)
2007/06/01(金) 07:32:48 | URL | [ 編集]
きくぞう
でもなんの実かわからないのに食べたんですか!?ドキドキ。
小学生のときはよく通学路にあった近所の庭の柘榴やグミを失敬して食べながら学校行きましたけど、最近みなくなりました。
少し寂しい。
2007/05/31(木) 22:16:46 | URL | [ 編集]
Mt.side
◆ かよさんへ
多分ずっと前からあったような気がするんです。植え込み工事とかみたことないですしね。意外と盲点だった…のかなと思います。
かよさんの自宅の庭にもそんなドラマがあったんですね。このゆすらうめなら手入れが簡単らしいので、再チャレンジ!してみてはどうでしょう?
2007/05/31(木) 13:48:00 | URL | [ 編集]
かよ
駐車場の植え込みに美味しそうな実が(^-^)
うちの庭にも、私が食べたくてサクランボの木を植えたことがあったけど実を付けることなく…
いつの間にかなくなってました…。
2007/05/31(木) 09:57:29 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。