--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/07/12(木)
『45分間、○○について熱弁をふるいました。』

今日は午後から市内の黄柳野小学校で、出前講義でした。7月5日付けの記事で触れましたね。小学校の保健委員会が主催で保護者も参加されるという形でして、ミニ公開講義といったところでしょうか。

そのときの日記でも触れましたが、テーマが食育。専門ではありませんので、自分の好み!?で「食育」を小学生に伝える方法を考えた結果…


「しあわせウンコ・ランキング!」


というタイトルで講義をすることにしました。
洋式の水洗トイレにまたがり、用が済めばすぐに水で流されてしまう昨今、まじまじと自分のウンコを見る機会は少なくなっています。しかし、ウンコは体調はもちろん食生活の影響が如実にわかる、健康のバロメータであります。そんな視点から、「ウンコの形状によって、身体の中がどうなっているのか分かるんだよ」という話をしてきました。

7月5日の記事でコメントつけていただいた、かよさんの予想が見事当たったということで、何かいいもの差し上げます。今回使った資料、丁寧に包装してプレゼントしましょうか?(笑)


続きを見る前に、FC2blogranking←クリックを!
(blog rankingにご協力を<(_ _)>

前々日くらいに小学校の担当の先生と電話で打ち合わせしたときに、
Mt.side「”しあわせウンコ・ランキング”です」
先生「”幸せ文庫・ランチルーム”ですね」

お互いにまさかそんなこと言ってる(かたや”ウンコ”、かたや”文庫”)と思わないので、「はいそうです」なんて答えてしまいましたが、小学校のほうで作っていただいたパンフレットには「幸せ文庫・ランチルーム」と書いてありました。
「しあわせうんこらんきんぐ」、「しあわせぶんこらんちるーむ」…似てるといえば似ています。聞き間違っても止むを得ませんよね。そんなわけで、出だしから「今日は文庫の話じゃなくて、みんなも毎日してるウンコの話をしたいと思います」と言ったら、あちこちから「イヤ~」とか「うわ~、ウンコだって!」と盛り上がってきました。こういったウンコへの最初の拒否感?は想定通りでしたね。今日の講義では、その拒否感をひっくり返すことが目的ですから、盛り上がってくれないと困るのです。

講義は下のような流れで進めました。言葉だけじゃなくて、イラストを使って、食べ物がウンコになるまでの体内の流れをウンコ工場に例えて説明しました。意外とウケてくれたかな。イラストは文献のコピーなので、オリジナルではありませんけどね。

「6種類のウンコがあるよ」(説明)
     ↓
「一番いいウンコをひとつ選んでみよう」
     ↓
「あまりよくないウンコをふたつ選んでみよう」
     ↓
「一番わるいウンコをみっつ選んでみよう」
     ↓
「どうして○○なウンコがいい(悪い)のかな?考えてみよう」
     ↓
「食事がウンコになるまでの体内の流れを工場風にイラストを使って紹介」
     ↓
「どんな食生活をするのかによって、どんなウンコになるのかが分かる」
     ↓
「ウンコをしっかり見ることで、自分の生活を見直すことができる」(まとめ)


小学校1~6年生が対象なので低学年にあわせて話をしましたが、みんなワイワイと楽しく聴いてくれました。小学校だし、もうちょっとオーバーアクションでやればよかったなと反省するところですが、また機会があればということで。
多く作りすぎたので、少し資料が余ってしまいました。見てみたい&欲しい…という方は研究室までお越しください。早いもの順に差し上げます。

それにしても、45分の講義で何度、ウンコ、UNCOと連呼したことでしょう。おそらく、この45分間で一生分のウンコを使い果たしました(違)。
スポンサーサイト
Mt.side
◆ 茉莉花さんへ
コメントありがとうございます。「バランスよく食べましょう」とか「よくかんで食べましょう」とか、学校の先生も話すようなことを自分が言ってもつまらないですしね。どうせなら、えっ!と思わせるような話のほうが関心もってもらえるかなと思い、冒険してみました。
資料、準備しておきます。
2007/07/16(月) 23:43:53 | URL | [ 編集]
茉莉花
週一でお世話になっていますが、初コメです。
子どもたちにとってウンチは身近なだけに
盛り上がっている様子が目に浮かびます。

ボラで何度か食育を扱いましたが、意外な切り口ですね。
思い浮かびませんでした。

資料いただきに伺いますので一つ取っておいてくださいな。

記事を読んでから、私の頭には
v-266あ~、憧れの~、憧れのバナナウンチ
というフレーズが消えません。
2007/07/16(月) 20:32:19 | URL | [ 編集]
Mt.side
◆ maboroad先生へ
単に排泄処理ということだけで、お世話するのではなく、そこから健康管理というところまで考えないといけませんよね。
2007/07/13(金) 09:22:30 | URL | [ 編集]
maboroad
介護でもそう思うんです。
先ずは、ウンコとオシッコの世話からはじまります。
2007/07/13(金) 08:45:19 | URL | [ 編集]
Mt.side
◆ かよさんへ
小学校の授業で、ウンコの話なんてしないでしょうから、子どもたちにとっても先生方にとっても新鮮だったのではないでしょうか。
「ウンコを通して食育を考える」そんな講義をする人もいないでしょうし、もっともっと面白くしていきたいですね。いつかはかよさんの会社の社員研修で、この話をすることにしましょう(ぇ
2007/07/13(金) 00:02:17 | URL | [ 編集]
かよ
もっとイイモノくださいよぉ(笑)
しかし…本当にウンチ話しをするとは(^-^;)
私もちょっと聞いてみたかったな。
てか、この日記見ながら笑ってたんで授業だったら大笑いしてたかも(爆)。
2007/07/12(木) 23:57:11 | URL | [ 編集]
Mt.side
◆ かほ。さんへ
祖父の家は昔懐かしい汲み取り式のトイレでございまして、小さい頃トイレに落ちかけて大泣きしたことを覚えています。だからこそ、ちゃんとトイレにいける=大人の証で褒めてもらえた…みたいなこともあったのですけどね。今はそんな危ないことはさせられないのでしょうね。^^;
小学生に交じってですか…。いやはや、そんなことされたら違和感がある緊張して講義できなくなっちゃうじゃないですか。
2007/07/12(木) 23:52:46 | URL | [ 編集]
かほ。
ウンコ大事ですよ。
最近は学校のトイレでウンコができない子供が増えて、それにまつわる絵本がたくさんあるぐらいですから・・・。
小学生に混じってきいてみたかったです。
2007/07/12(木) 19:48:22 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。