--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/09/09(日)
『介養協・東海北陸ブロック研修会報告』

昨日、東海北陸ブロック研修会in名鉄ニューグランドホテルにお越しくださった皆様、ありがとうございました。また、幹事校・スタッフの先生方、本当にお疲れ様でした。

本学は先日もお伝えしたとおり、研修会のうちシンポジウムを担当させていただいておりました。
学会看板「介護の魅力を伝えたい」という研修会テーマに基づいて、午前中の分科会、午後の基調講演、シンポジウムが行われました。
また、行政説明ということで厚生労働省の方も見えて、法案がこれから審議され修正される可能性もあることを断りながら、おおまかな法案の枠組み、今後のスケジュールについてご説明くださいました。




鈴木京香午後の基調講演のあと、シンポジウムが行われました。「進化するケアを担う介護福祉教育」と題して、
家族の立場から「社団法人 認知症の人と家族の会愛知県支部代表」尾之内直美様、
養成校卒業生の立場から「老人保健施設洋洋園」安田隆之様、
施設運営の立場から「特別養護老人ホーム港寿楽苑長」尾関英浩様、
高校生の進路の立場から「株式会社リクルート進学カンパニー」朝賀洋史様
をシンポジストとしてお招きし、お話を伺いました。


司会は中部福祉専門学校の野田由佳里先生、
司会野田先生

コーディネーターは本学の後藤卓郎先生。
コーディネーター後藤先生

シンポジストの皆様の面々。
シンポジストの皆様

介護の大変さから重要性や喜びや義務感、そういったものを夢のある言葉で学生さんにどう語りかけていくかという教員としての課題はもちろんあります。
さらに、新聞報道等で誇張して伝えられている「3K職業」のイメージ払拭と介護全般のイメージ転換をどう進めていくのかという社会的課題について考えさせられるシンポジウムだったと思います。
シンポジウムのまとめとして、コーディネーターの後藤先生が介護福祉士国家試験が義務化されていくことで、介護福祉士養成の高等教育が予備校化していく危険性及び危惧を指摘されました。これはMt.sideの思いですが、2年課程の高等教育が筆記試験に合格するための教育機関になってしまうのであれば、講義は試験対策が重要視されるでしょう。しかし、大学教育で行われるべきは試験対策ではなく、介護福祉観・人生観等も重視されていくべきです。そこには教員の個性といいますか、たとえばMt.sideイズム(教員個々の福祉に対するコダワリ)が軽視されるのではないだろうか。。。そんな気もしています。
社会福祉士養成は4年課程がほとんどですから、大学教育の中で試験対策もそれぞれの教員の個性を発揮した教育も可能でありましょう。介護福祉士養成は期間的に短いことから、教員としていろいろと制約される場面も出てくるのかなと心配しているところでもあります。

固い話はこれくらいにして、(笑)
研修会の後は、中部福祉専門学校の先生方、本学の先生方で慰労会。しかもホストは後藤先生。後藤先生はグルメですので、先生がご案内くださるところはいつも美味しいお店ばかり。今回は、名駅近くの「いけす茶屋 えびす」でございました。一品料理で注文した、シマアジのお造り。写真は撮っていないのですが、プリプリして美味しい!なんといっても、さっきまでいけすで泳いでいたのだそうですから。その命、最後まで(二次料理で赤だしの具にしてもらいました)美味しく頂戴しました。

会の最後に、、、記念写真を皆でパシャ!某先生の明るさがよく伝わってくる一枚となりました。(笑)
写真は、、、公開してもいいのかな?(汗)
了解をいただけたら、upしてみようと思います。

(注)
おそらく、参加された先生方は、、、朝賀様のパワーポイントデータとその後の特別資料をしっかりゆっくり見て分析したいと思われていることと思います。記録としてその資料も全て所有していますが、朝賀様の了解なしに公開するわけにはいきませんので、公開は差し控えたいと思います。データの整理するために、厚生労働省の行政説明資料、朝賀様の資料に改めて目を通しましたが、どちらもとても興味深く参考になります。

スポンサーサイト
Mt.side
◆ maboroad先生へ
先生こそ、イレギュラーな出来事にもすばやく担当してくださって、大活躍でしたね。
ブログのほうは…感想文レベルの駄文です。(苦笑)
2007/09/09(日) 20:41:03 | URL | [ 編集]
maboroad
お疲れ様でした。
毎回、毎回、新聞記事のような濃密なブログで頭がさがります。
2007/09/09(日) 19:49:57 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。