--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/09/13(木)
『イメージ名刺交換大会』
昨日から介護福祉学科の講義が本格的に始まったわけですが、昨日は1回目ということで後期の進め方とか気合の入れ方などを中心に話をしたので、軽めに。今日は本格的に講義となりました。

今日の「社会福祉援助技術演習」は、自己覚知の一環として、タイトルにある通り、イメージ名刺交換大会を行いました。
A5サイズの紙を四つ折りにして、外に向いてるところに自分の名前、呼ばれたいニックネームを書き、中のほうに「自分を色に例えると何色か?」、「自分を動物に例えると何か?」を書いてもらい、中をみせずに前期あまり話をしたことがない…とか、そんなに関わってないというクラスメートを中心に名刺交換プレイをしてもらいました。ちゃんと社会人になったときに通用するように、社会人としての名刺交換マナーも載せてあります。

一通り名刺交換が終わったら(10人分)、名前を見ないで中に書いてある「自分を色に例えると何色か?」、「自分を動物に例えると何か?」の情報をたよりに、

その人のところに返しにいく

ことにしてみました。「色に例えると、黄色。。。動物は…ネコ!?そんな人いるかなあ?」筆跡でもある程度分かってしまうのですが、何人かは最後まで「この人誰!?」と困った顔をしていました。
対人援助において、自分がどういう人間なのかを理解することはもちろん、他人の目からみて自分がどう写っているのかを理解することは大切なことだと思います。自分が思っている自分と相手が思っている自分のイメージが近ければ近いほど、自己評価が適切ということがいえると思いますし、心を開く関わりづくりにもプラス面がでてくるでしょう。
今回の講義では、そういう自分自身のあり方に気づく。。。そんなことを考えてやってみました。まだ学生さんの感想文をチェックしきれていませんので、後ほど楽しませてもらいましょうかね。
スポンサーサイト
Mt.side
◆ かよさんへ
最近の幼稚園ではそんな競技もあるんですね。勉強になります。(笑)

自分が感じている自分
他人が感じている自分

そのへんのギャップが一致していけばしていくほど、心の窓を開くキッカケは作りやすいと思うんです。それを講義を通して気付いてもらえればいいなと思います。
2007/09/17(月) 22:37:14 | URL | [ 編集]
Mt.side
◆ きくぞうさんへ
半年も経っているので、筆跡等でかなりバレバレなんですよね。^^;
学生さんは年々クセ字が強くなってきている感じがします。

でも、イメージをみて「あー、なるほど」であったり「えー。誰だこれ」みたいな声があがるのを見ると、講義の柱に近づいてくれているかなと感じていました。あとは、そこから何を考えるか、自分がどう示すか…というところです。
2007/09/17(月) 22:35:01 | URL | [ 編集]
かよ
なんだか、幼稚園の運動会を思い出しちゃった(笑)
顔を隠してうずくまってる我が子を探す競技、ありませんでした?
あと、モンタージュみたいだなぁと思った!
イメージって個々で全然違ったりするから、自分自身の新たな一面を発見できたりしてv-20
2007/09/15(土) 17:42:55 | URL | [ 編集]
きくぞう
あとでその情報をたよりに本人に返す、っていうのがおもしろいですね。
普段自分が思っていることでも、他人が関わると客観的に自分を知ることができてよいもんだなぁ、と、以前地元大学の公開講座で、コミュニケーションを勉強したときにも思いました。
さて、今の自分のイメージって、人からみてどうなんだろ??
2007/09/14(金) 12:42:48 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。