--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/09/26(水)
『学部の引率で施設見学~目標となる職員像~』
福祉心理専攻2年生の講義の一環で、市内にある老人保健施設「サマリヤの丘」と新城市保健センターに引率教員としていってきました。
サマリヤの丘は昨年度も見学させていただきましたし、ハード面そのものはずいぶん見知っております。卒業生で就職している子もいて、少し話をしてきました。今回、一番印象に残ったのは、ある居室をみせていただいたときのことです。その部屋の利用者の方が、案内してくださった職員の方を指差し、

「あのひとは、ほんといい人や。何でも優しく教えてくれるし、あのひとに聞けばなんでもすぐに分かる。あの人がいれば本当に安心なんや。あんたらも、ああいう人を目指してがんばってな」

とおっしゃったことでした。福祉施設職員として、何より最大の賛辞であろうと思います。利用者の方から無条件に最大限の信頼を得る。言葉で表現すると簡単なことかもしれません。しかし、そう思っていただくには時間と努力と、そして愛情をこめて日々関わってきた積み重ねだと思います。
卒業された学生さんもそうですが、今在籍している学生さんもそういう信頼関係を構築できる介護を目指していただきたいと思います。

新城市保健センターは今回初めて訪問させていただきました。独身&健康診査の対象外(40歳未満)ということもあり、今のところ活用する機会もないのですけどね。
保健センターでは主に出産・育児に関わるさまざまな取り組みと状況についてお話をいただきました。なぜか母子手帳、父子手帳に多大な興味をもつ学生さんがいて、

「僕、父子手帳ほしいんですが、どうにかもらえませんかね?」

そんなことを質問されました。

うーん。。。結婚して奥さんが妊娠すればもらえるから、そんなに急いでもらわなくてもいいんじゃないかな。。。なんて思うのですが。まずは相手を見つけること、どういった職種でもいいけれど、きちんと就職できること。それがクリアしたら、その先について考えていけばいいと思いますよ?

保健センターの1階ロビーには、メタボリック症候群の簡単調査ということでウエスト85cmサイズの紐がおいてありました。引率教員の某先生に「横山先生が危ないんじゃないの?」なんていわれちゃいましたが、、、こっそり試したところ、十分手のひらが入るくらいの余裕がありました♪
考えてみれば、今服を買いに行く時は、W80以下で事足りますからね。今の課題は腰まわりではなく、ふとももまわりでして…。陸上短距離選手みたいに、いい肉付きなんですよ。そういえば、実家に戻った時に、いとこの旦那さんに「首はそこそこ太いし、太ももにも筋肉あるし、ラグビーか何かやってたでしょ?」と聞かれて困っちゃったことがありました。ちなみに、この旦那さん、、、元暴走族のヘッドだったそうです。

話がずれましたが、自分としてもいい勉強になりました。明日は介護の1年生が施設見学にいくようなので、ぜひしっかり見て感じて、勉強してきていただきたいと思う次第です。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。