--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/12/05(水)
『マネーゲーム』
公的年金、1.6兆円の運用損
=サブプライム問題が響く-7~9月期

12月5日17時1分配信 時事通信

 厚生労働省所管の年金積立金管理運用独立行政法人は5日、公的年金積立金の7~9月期の運用実績(市場運用分)が1兆6328億円の損失を計上したと発表した。米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題の影響で国内外の株価が下落したためだ。運用利回りはマイナス1.80%と水面下に沈み、2006年4~6月期(2兆0032億円の損失、運用利回りマイナス2.73%)以来、5・四半期ぶりにマイナス運用となった。
 サブプライム問題に伴って台頭した米経済の先行き懸念は世界の金融市場に打撃を与えたが、中でも日本の株価下落が運用に大きく響いた。この結果、今年度上半期(4~9月)の運用収益は7424億円にとどまり、利回りはプラス0.85%となった。10~12月期についても「市場は厳しい状況」とみている。

出所:Yahoo!ニュース
公的年金の運用して失敗したとき、当然その分の補填が必要になると思われるのですが、いったい誰が負担するのでしょう。「誰が」というか「どこから」のほうが分かりやすいかもしれません。普通に考えれば、「国民の税金から」ということになるでしょう。その税金は国民が支払っています。つまり、国のツケを国民が負わされていく…ということになります。
おもえば、公的年金の運用は以前からイロイロと言われていますよね。保養施設建設の多額の出資とロハ同然の売却。。。国民が生活を削って出資しているお金を、お役人がマネーゲームで遊ぶように使われているのではないか!?と思うと、怒りを覚えます。
やはりお金に苦労したことのない人たちがお役人になり、エリートとよばれ、金銭感覚がまっとうじゃないまま、国家予算の一部を使うのでしょうか。。。ペーパー試験の出来や頭の良さではなく、主婦感覚の倹約姿勢っていうのが、今のお役人に求められることではないんだろうか。。と思ってしまいます。

国民の老後をささえる大切なお金。精神論では安心な老後は過ごせません。残念ながら物理的な支援(=経済的支え)が必要なのです。それをちゃんと保障できる利回りは低くとも確実安全な運用システムを考えていただきたいものです。
それは、今の高齢者の方々のためということもあるし、将来の自分自身のため、自分が大切に思う人たちのため…「明日はわが身」と思うからこそ心配してしまいます。
スポンサーサイト
横山じゅんいち
◆ tonnyさんへ
コメント及びご指摘ありがとうございます。ご指摘の通り、素材に対するリサーチなしで書いています。そういう意味では、何かエビデンスに基づいて「論じている」つもりはありません。むしろ感じたままに書いている感想文のようなものです。
この記事は市場運用における運用損の件について書かれているわけですが、自分はこの記事をみたときに、以前何かのニュース番組の特集(だったと思います)で、「集めた年金の保険料なんてためておいても意味はない、どんどん使え」のような指示があったとかなかったとかという話があったことを思い出しました。そんな思いが頭にありつつ書いたものです。
「金積立金管理運用独立行政法人は民間運用機関」だということは理解していても、「出資金は全額政府もち…名目上は民間でも実際は国の御用聞きみたいなものか」という先入観をもっている部分はあるでしょうね。

公的年金資金の運用に関しては、コチラ(http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/d4fe3cd1212b4c72fb8182305dbabbbb)で批判されていますね。国民ひとりひとりの老後の問題なのに、自らが注意して関心を払っていないのではないか。。というメッセージを感じます。

違う分野からのご意見を伺うことができ、嬉しく思います。ありがとうございました。
2007/12/10(月) 09:31:09 | URL | [ 編集]
tonny
・累計では10兆円以上の黒字を確保している
・運用を行っているのは公務員ではなく民間運用機関
・サブプライムローン自体は保有していない
・サブプライムの影響で外株や国内株が下落したことが今回の結果

このくらいの基本を踏まえた上で論じるべきではないでしょうか。
黒字の時は何にも言わないのに赤字の時だけ騒ぐ輩が多過ぎて困ったものです。
大学教員ですらそうなのですから(汗)。
2007/12/10(月) 01:20:40 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。