--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/01/06(日)
『基礎学力』
私大生2割「日本語力中学生以下」
学力底上げにeラーニング導入

2008年01月05日17時39分

「ゆとり教育」に端を発する学力低下が叫ばれるなか、「私大学生の2割の学生の日本語力が中学生以下」という驚きの調査結果が明らかになった。この調査を行った教育機関では、「大学でのeラーニング導入を推進しないと、今の大学は生き残れない」と提言している。

66%が「中学生以下」と判定された大学もある
大学生の基礎学力の低下を受け、独立行政法人・メディア教育開発センター(NIME)では、日本語・英語・数学の基礎学力を測定するための「プレースメントテスト」を開発し、各大学で提供している。調査は1998年から00年、04年から07年にかけて行われたが、「日本語力が中学生レベル以下」と判定される大学生の割合が非常に多いのだ。まとまったデータが残っている04年時点(24大学・7353人が受験)で、「中学生以下」なのは、国立大学で6%だったのに対し、私立大学では20%で、短大では実に35%。06年の調査では、66%が「中学生以下」と判定された大学もあった。
このプレースメントテストを開発したNIMEの小野博教授によると、大学での授業を理解するためには、高校生レベルの日本語力が必要だといい、この調査結果からすると、授業の内容さえ理解できない大学生がかなりの数にのぼる、ということになる。
小野教授は、
「大学の数を増やしてしまったことで、(1科目受験のみで合格できる制度が登場するなど)入試制度が変化しており、入試で受験生を選別できなくなっています。そこで、プレースメントテストを行って『学力別クラス編成』をする大学も多いです」
と嘆息する。
教育方法学が専門の藤川大祐・千葉大学准教授も、
「(自身が勤務する)国立大の学生を見ていても、ちょっとした漢字を書くのでさえいい加減だったり、簡単な数学が出来ない、という例が目立ちます。そう考えると、調査結果にあるような『私立大学で日本語力が中学生レベルの学生が多い』という話も、驚きには値しないと思います」
と話し、学力低下を実感している様子だ。

全国107大学がeラーニング参加を表明
これを受けて、2007年11月1日には、eラーニングを使って学力底上げを目指す「オンライン学習・大学ネットワーク」がNIMEを事務局として立ち上がり、全国107大学が参加を表明。08年4月からは、補講用の数学、物理、英語などの教材を配信する予定だ。
前出の小野教授は
「現状では、コンテンツが足らなさすぎます。まずは大学の先生たちが授業をやりたがらない分野を充実させたいです」
と話す。なお、「授業をやりたがらない分野」とは、「中高生の勉強をやり直すような内容」や、「SPI(企業の採用選考で使われる、マーク方式の能力・性格検査)対策などの就職準備」などだそうだ。
一方、藤川准教授は
「何かやれば学力は上がるものなので、eラーニングもひとつの方法だとは思います。ただし、(学力低下が指摘されている)これまで勉強してこなかった学生に、対面でない状況で教えたとして、どれだけ効果が上がるのかは未知数だと思います」
と、やや懐疑的な様子だ。

出所:livedoorニュース

大学生の基礎学力低下は、確かに自分が大学生だった○年前のときを思っても、明らかだと思います。その違いは、、、やはり読書量でしょうね。今の学生さんは、まずパソコンや携帯といった手軽なニュースソースを好む傾向にあります。自分もこうやってネット上のニュースを引用して雑感日記を書いているので、あまり大きなことは言えませんが、ネットの情報の大半は、サラリと見流すことができるわけで、頭をフル活用する機会はその分減ります。活字の場合は、目で見るだけではなく、そこから考えることを要求されます。中途半端に読むと、前後の内容がアヤフヤになってしまうため、必然的にしっかりと読み込むことになります。
あとは携帯電話やPCの活用によって、「書く」ことがなくなってしまったからでしょうね。やはり、書かないと覚えません。予備校に通っていたとき、シャープペンシルではなく鉛筆を愛用していました。そして広告の裏を活用して、現役高校のときに覚えられなかった古文の助詞活用を何度も何度も書きました。削っては書き、削っては書き…。短くなった鉛筆を貯金箱にしまい宝物のように貯めこんでいました。「これだけ短い鉛筆があるっていうことは、それだけ努力したんだ。だから自分は絶対に覚えている、大丈夫」と受験前に自分自身に言い聞かせたものです。
当時、予備校の古典の先生が授業で巡視しながら歌っていたのが河島英五さんの「酒と泪と男と女」の歌詞をアレンジしたものでした。

♪書いて、書いて、独り書いて♪
♪書いて、書き疲れて眠るまで、書いて♪


その先生は、「考えずに書く!書く!書く!そうすれば、いつの間にか頭に入っていくから」といつも熱く語られていました。その熱意に影響を受けて実践して、「ひたすら書いて覚える」ことの妥当性を身に染みて感じています。

基礎学力は「読む機会、書く忍耐」これがなければどうしようもありません。そしてすぐ身につくものでもありません。今の大学生の実態を嘆いたところでどうしようもありませんが、中学や高校でそういう努力をすること、あるいは遅くとも大学の最初の1年間は「読む、書く」ことに集中させてクセづけることが必要なのだと思います。



ご挨拶が最後になってしまいました。
年明け最初のブログ更新が、明るいニュース記事ではありませんでしたが、だからこそ良くしていく使命感と努力を改めて実感することができるだろうと思い、取り上げてみました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。