--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/01/22(火)
『どんなものも「思い」あってこそ』
キャタピラ付き椅子「タンクチェア」
(感動ストーリー付き)



タンクチェア
じつはこのタンクチェアの開発には、お涙ちょうだいのエピソードが隠れています。(ギズモード・ジャパン)


「タンクチェア」はキャタピラがついた椅子。24ボルト、2馬力、127rpmのスピードモーターは、ディープサイクル充電池4個を使って動きます。ギア比は22:1で10%もの坂も問題なくラクラク上れるとか。
椅子は大きくてクッションが効いており、オフロードのでこぼこ道でも快適に移動可能です。値段や発表時期は未定。

…と、見た目はとても馬鹿馬鹿しく見えるかも知れませんが、じつはこのタンクチェアの開発には、お涙ちょうだいのエピソードが隠れています。実はこれ、元々は事故で両足が動けなくなり、大好きなアウトドアを楽しめなくなった奥さんのために、旦那さんが考案したものなんだそうです。
椅子に座ったまま、でこぼこや障害物、水溜りなどを移動できる車椅子。それがこの「タンクチェア」のコンセプトだとか。麗しき夫婦愛ですね。


出所:MSNデジタルライフ
車椅子…と呼んでいいんだと思いますが、これも含めて須らく道具というのは「使う人のため」という思いがあってこそです。使う人の笑顔がみたい、幸せになってほしい。出発点はここにあるんじゃないでしょうか。

少し話がそれますが、ノーベル賞を創設したアルフレッド・ノーベル氏。彼はダイナマイトの発明で有名です。工事現場等で固い岩盤を砕くのに大活躍したわけですが、当然大量殺傷能力をもつ武器としても使われています。もちろん、武器に使われることも想定していたのでしょう。ダイナマイトについてノーベルはこんな風に語っていたそうです。

「全てを破壊する爆薬があれば、どの国も戦争をしなくなるだろうと考え、ダイナマイトを発明した」

武器を作ることが戦争回避、ひいては戦争のない平和につながる…その考え方についての是非は人それぞれあるかと思いますが、幸せを願う気持ちが根本にある、そして一人ひとりのそういう思いが「道具の使い方」を正しくしていける。。。甘いかもしれませんが、そう信じたくなるのです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
オフロード に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…
2008/01/22(火) 12:40:15 | あらかじめサーチ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。