--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/04/27(日)
『夢あふれる』
介護福祉士養成校では、来年度から大きくカリキュラムが様変わりします。介護福祉士資格も「卒業と同時に取得」から「卒業して受験資格を得る」に変化していきます。つまり、社会福祉士等と同様のシステムになります。

カリキュラムが大きく変化する中で、養成校の独自のカラーが出しやすくなってきたと感じています。
本学の場合、まだ介護福祉学科の教員内でたたき台を作成しているところではありますが、現時点では、かなり学ぶ側(=学生さん)が楽しめるものになっていきそうです。ある先生いわく、

「このカリキュラムが実現したら、学生になりたい」

だそうです。確かに、自分でもそう思います。



介護福祉士養成の枠は変わっても、介護福祉士として社会に求められる像は変わるわけではありません。以前の日記にも書きましたが、「介護福祉士になる」ことがゴールではなく、「介護福祉士になってこんなことがしてみたい」それを叶える大学でありたい、あり続けたい・・・それは、自分だけではなく本学教員の一致した希望であります。
まだ事務部署との調整が必要なので、修正される部分もでてくるとは思いますが、基本軸から外れないようなしっかりとしたカリキュラムづくり、学ぶ学生も教える教員も夢をもてるカリキュラムづくりになるよう、議論を深めていきたいと思います。

みなさま、どうぞご期待ください。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。