--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/05/21(水)
『今日の講義は「ごくせん」』
といっても、ヤンクミのようにはなれません。
講義「社会福祉援助技術」の中で、バイステックの7原則について説明をしたんですが、そのときに「ごくせん」を例にとって説明してみました。福祉の事例を通して話ができるほうがいいのでしょうが、介護現場の体験がなければ福祉の事例はイメージがしにくいものです。なので、できるだけ身近な生活の中にある事例を紹介して、理論を説明しています。

それ以外に、レンタルビデオ屋のたとえ話なんかもしましたね。対人援助の原則というのは、日常生活の中に何気に転がっている事例から学べるものです。あながち、「自分たちが普段の生活の中で何気なくやっていること、やってしまっていることを改めて文字や言葉にしてみると、バイステックの7原則に沿う事例はいくらでも転がっている」というのもウソではないように思います。

…そんなことを誰かが言ったわけではなく、自分がそう思っただけなんですが。
福祉の勉強は大学の机の上で、あるいは福祉の現場でなければ修得できない、、なんていうことはなく、ちょっと意識してアンテナを張っているだけで、いくらでもできるものです。
学部の講義のほうは、そういうことを少々キツ目(少々ではないかもしれない!?)に話しています。学部の講義を受け持っていますが、3年生、4年生というある程度福祉の技術や理論を知っていて当然という学年です。
そういう意味では、彼らにはうざがられるかもしれませんが、意識的に「壁」としての役割になっているつもりです。もちろん、それでも向かってくる学生さんには、今度は跳び箱の踏み込み板のように支援するようにしていますけどね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。