--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/08/25(月)
『』
介護職確保へ支援強化…厚労省、費用の一部助成へ
8月25日3時4分配信 読売新聞


 厚生労働省は24日、深刻な人材難に直面している介護職を確保するため、介護福祉士養成施設や介護サービス事業者への支援を強化する方針を固めた。
 具体的には、〈1〉介護現場で働き始めた人の職場定着〈2〉働いていない有資格者の参入・復帰〈3〉介護職を希望する人材の発掘--に乗り出した場合、費用の一部を助成する。関連経費を2009年度予算の概算要求に盛り込む。
 職場定着策では、ベテラン介護職を介護現場に派遣し、新たに働き始めた人への指導や悩み相談に当たってもらう。有資格者の参入・復帰策としては、専門学校などの養成施設での講習・研修や職場体験を通じて働く意欲を引き出すことを目指す。一方、人材発掘に関しては、事業者が高校と連携する仕組みを構築する。

出所:yahoo!ニュース

本学もそうですが、どこの養成校でも介護の夢や希望や理想、そして現実。いろいろなことを語っていると思います。そして卒業生たちはやりがいと喜びをもって仕事をしてくれています。それは、実習巡回や大学に遊びに来てくれる卒業生と話していると、よく伝わってきます。
そういう意味では、一生の仕事にしよう!と介護を選んでくれるかどうか…という出発点のところが問題だと思うのです。某事業所の事件以来、マスメディアのネガティヴキャンペーンがいくつかありましたが、ある意味では負の事実かもしれません。だとするならば、きちんと正の事実も伝えていただきたいと思いますね。そして、負の事実をどう改善するべきなのか、建設的な意見も伝えてほしいものです。


それにしても、厚生労働省の人材発掘が「事業者と高校と連携」を考えているということは、現在の養成校のアドバンテージがさらになくなっていくようで心配です。高校では専門教育に力をいれるよりも、もっと社会人・大人としての基盤の裾を広げるような教育をしていただきたい…とボソッとつぶやきたくなってしまいます。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。