--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/10/15(水)
『ライフヒストリー』
昨日の「社会福祉援助技術演習」の講義で、今までの人生のライフヒストリーを作ってもらいました。といっても、講義内の限られた時間で作成し発表…なので、バイオリズムのように波で表現してもらいました。そして、小グループで個々に発表してもらった後、メンバー誰かのひとつを「川の絵で表現して」全体に発表という展開でした。

急転する人生のときは、細い急流風に…
穏やかに歩んでいるときは、幅の広い大河のような川…
あるいは滝に落ちたり雷にうたれたり!?

いろんな人生模様を川の絵を描いてもらいました。

学生さんそれぞれにライフイベントの重きをどこにおいているのか…が違いますね。
恋愛重視の人生もあれば、友人重視の人生、部活動ばかりの人生もあれば、家族との人生や自分自身に目を向けたライフヒストリー。まさに十人十色です。今回は、一本の線で浮き沈みとあわせて自分の人生を振り返っただけですが、それでも人生の価値をどこにおいているのか、あるいはどのポイントに今の自分を形作ったキッカケがあったのか…を振り返ることができたと思います。


自分も18歳までのライフヒストリーをホワイトボードに書いてみましたが、負の部分を小学校5年生のときに、正の部分を小学校6年生のときに形作ったかな?と思いました。小さな分岐点はいろいろありましたが、あとは大学時代に出会った友人たちや環境が大きいですね。

いろいろな出会いに感謝×感謝。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。