--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/10/23(木)
『1200億円の配分』
介護報酬引き上げの話は以前からありましたが、ようやく具体的な形になってきたようですね。マスメディアでも報じられています。




報酬引き上げへ1200億円=介護職員の待遇改善-追加経済対策で政府・与党調整
10月23日2時32分配信 時事通信

 政府・与党は22日、2009年度の次期介護報酬改定で介護報酬を引き上げるため、月内にまとめる追加経済対策に約1200億円を計上する方向で調整に入った。他の業種と比べて賃金が低く、離職率が高い介護職員の待遇改善を目指す。計上する約1200億円は、介護報酬引き上げに伴って本来なら負担増となる介護保険料の肩代わり分に充当し、被保険者の負担が急に増えないよう激変緩和措置を講じる。
 介護報酬は介護事業者に支払われるサービスの対価。原則として3年ごとに改定されており、2000年度の介護保険制度導入以降、03年度にマイナス2.3%、06年度に同2.4%(05年10月改定分を含む)と過去2回連続で引き下げられてきた。追加経済対策に約1200億円が計上されることで、介護報酬は初めて引き上げられる公算だ。

出所:yahoo!ニュース

1200億円という額の多寡は何とも言えませんが、概ね介護職員ひとりあたりどれだけの待遇改善になるのかも試算を伝えてほしいものです。単純に現在の総介護従事者数で1200億を割れば、イメージできるのかもしれません。どういう根拠で1200億円という金額がはじき出されたのか、その理由が知りたいところですね。時間をみつけて、政府発表の内容を分析してみないと。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。