--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/11/26(水)
『大学祭、一人反省会』
【模擬店】
自分も模擬店に関わらせてもらって、調理やっておりました。模擬店で肝心なのは、どれだけの量を提供するかという読みだと思います。もちろん、衛生面とかいろいろありますけど。今年は大学祭期間中に新城ラリー(21~23日)があり、あののん祭り(大学祭2日目)があり、鳳来寺山のもみじ祭り(11月中)があり、、、イベントが乱立している期間でもありました。なので、昨年よりは少ないのでは?との想定で販売をしてみた(完売予想を2日間で250弱と予想)のです。しかし、他のイベントに行って、本学に来てくださる方が多かったこともあり、2日目のお昼過ぎにはどの模擬店も完売表示という状況でした。
2日目の大学祭が16時までということを考えると完売が早く、他のイベントで盛り上がったとはいえ、模擬店の店じまいが早すぎるのは考えモノだと思いました。やはり、大学祭といえば、最終日の売れ残り叩き売りセールが目玉(自分が学生のときを思い返すと、、、必死でした:笑)。お客さんが来てくれていることを考えれば、やはり350食くらいは提供できるようにしなくちゃダメかなと思いました。そのへんは来年度の大学祭で販売する量を検討する目安になるのではないでしょうか。

【イベント系】
模擬店の調理担当のためあまり全体を見渡せなかったのですが、本学の規模では、イベントは極力重複しないようにスケジュールを組む必要があったように感じました。2日目の目玉、ビンゴ大会と同じ時間に、外部団体が人形劇をしていたのですが、ビンゴ大会に人が集中したために人形劇に人が少なかったようです。企画とステージとのスケジュールが縦割りで進んでいるようであれば、そこは調整する役割がしっかりしなければいけないですね。
大道芸やバンド等のステージ企画は盛り上がりますね。そのあたりは、実行委員会の担当者の努力が伝わってきます。

【その他】
(1)大学祭に入る月=11月に突入したら、大学のあちこちに大学祭系の横断幕が飾られるといいなと思います。直前までものすごく静かな状態なので、大学全体のモチベーションがイマイチなのかも?
(2)本学はマンモス校ではないので、動員できる学生数も限られています。当然予算もそうあるわけではありません。したがって、金に糸目をつけず有名芸能人を呼ぼうとか考えるのは現実的ではありません。そういうパターンは他の大学に任せておけばいいと思います。であれば、どういう形の大学祭を目指すのか。そういうビジョンを実行委員会と大学が検討していくべきだろうと思います。
横山個人としては、去年漠然とイメージしていたものが、今年になってずいぶん明確になった感があります。本学の場合は、「誰に来てほしいのか」、「そのためにはどんな大学祭になればいいのか」、「大学の戦略上、どんな支援をしていけばいいのか」というところの視点が、他の(都市部の)大学とはずいぶん異なるような気がします。「大学祭というよりは、大○△□」というスタンスがいいのかなと思っています。
自分の構想が実現したら、模擬店の完売ラインが倍以上になるかも!?と妄想してしまいますよ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。