--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009/02/09(月)
『事後学習日』
先週まで介護福祉学科1年生は実習でした。週明けの今日は実習の事後学習日。主に実習記録の確認や、2年生になってすぐ始まる第2期介護実習の施設割り振りについての話でした。

あいにく、介護福祉学科2年生の定期試験監督と重なってしまったため、ほとんど1年生と接触できませんでしたが、楽しかったり辛かったりする中で何に気づいたのかを仲間と共有してくれたらいいなと思います。
「何も~、特に~」というときは、きっと2週間何も学ぶものがなかったのかな?と残念に思ってしまいますが。


自分が学生のときは、実習施設で驚きの連続でしたね。「どうして?、それおかしいんじゃない?」なんてことがずっとです。そういう心の引っかかりが好奇心になり、学びの核になっていくのだと思います。

書道家の武田双雲さんもブログか何かで「興味のないことの知識を詰め込む勉強ほど無駄なことはない。好奇心をもてば芋づる式にいろんなことを知りたくなっていく。それが本当の勉強だ」という主旨のことを書いていました。全く持ってその通りです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。