--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009/03/11(水)
『つらいものです』
先月末から、年次休暇を消化させていただいておりまして、会議があるとき以外は自宅にいます。
休みとはいえ、やることがたくさんあって、仕事や研究活動も一時的にストップしたままです。

そんなかたちでほぼ100%プライベートに時間をあてさせてもらっているのですが、どんどんつらくなってきます。
大学で仕事しているときと違って、時間の経過が非常に遅く感じます。特に夜の時間が困ってしまいます。いつもなら19時、20時くらいまで大学にいるので、夜の時間はあっという間です。今は時間をもてあましてしまう、そんな状況です。また、社会との隔絶…というと風呂敷が大きいのですが、社会からの疎外感を感じてしまいます。

自分は周囲から必要とされていないんじゃないか。。。

そんな風に思わされるのです。
こういう日々が続けば、そういう感覚も麻痺してしまうのでしょうか?
焦燥感や危機感が麻痺してしまえば、惰性のまま人生が流れてしまうような、そんな危険性を感じたこの1週間ちょっと。

ニュースや文献で「引きこもり」あるいは「ニート」をテーマにしたものを目にしますが、ほんの少しだけ実体験(というほどでもありませんが)してみると、言葉や文字以上に問題の重みを感じることができました。仕事であったり家事であったり、「やらなきゃいけないこと」という起爆剤がないと、生き方がよどんでしまいそうです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。