--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009/08/03(月)
『社会福祉士実習演習担当教員講習会の続き』
研修期間中、バタバタしていて全然ご報告できませんでしたが…

二日目は「実習プログラミング」
三日目は「実習教育スーパービジョン」
四日目は「実習評価」

に関する研修内容でした。

二日目は実習指導に関する単元に対して、グループで授業案をつくってみる。
三日目は実習教育におけるスーパービジョンのあり方や方法論
四日目は実習評価を教育に反映させる方法

などをディスカッションしたりグループワークしてみたりと、いい経験ができた研修になりました。
スーパービジョンについては、スーパービジョンのできない(=悪い)教員をロールプレイで演じることになり、非常に恥ずかしい思いをしてしまいました。学生さん役の訴えを適当に聞き流すのは、心苦しいものです。

「意図的に責任転嫁をして、話を聞こうとせず体よく追い返そうとする」教員をイメージして、学生さんの訴えに対して「大丈夫、大丈夫。先輩方だってみんなそれでやってきたんだから」と”やっちゃいけない”見本をやらせてもらいました。

「横山先生って、そういうことを学生さんに言う(する)んだ~?」と思われていないか心配ですが、きっと皆さんそんなこと思っていないし、もう忘れていますよね。(笑)

これで、基礎分野と実習分野が終わったので、残り演習分野を12月下旬か3月中旬くらいに受講できるといいですね。やはり演習がある講義というのは楽しいものです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。