--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009/09/27(日)
『老後を誰が看るのか』
近所の本屋さんでは、週刊誌等のバックナンバーもそのまま店頭に置いてあります。その中にタイトルに注目して、手に取ってみました。

週刊東洋経済(9/5特大号)の特集に

老後を誰が看るのか?

徹底検証!介護の大問題

要介護認定
二転三転した認定基準

利用制限で翻弄される
訪問介護・リハビリ

特養ホーム・高専賃
「終の住処」の不安な実情

共働きでも生活苦
介護職員

在宅介護
認知症への対応



…と、ネガティブキャンペーンがデカデカと謳われていたのです。
最近、SMAPメンバーが主演した介護ヘルパーを題材にしたドラマが人気のうちに終わりました。少しは介護についてプラスの面にスポットライトが当たってほしいと思ったのですが、世間の介護の見方は厳しさが続くようです。

もちろん特集の中を読むとマイナスだけではなく、介護保険制度の有効利用のポイントや介護資格取得のメリット、自立支援を進めているディサービスの紹介(これはテレビでも紹介されていましたね)、介護者の充実感等のプラス面も記事で読む事ができます。

もし、皆さんの近所の本屋さんでもバックナンバーが買えるようでしたら、ぜひ手に取って読んでみてくださいね。制度面、運用面の問題提起を感じると思います。

最近こんな本を購入しました。

検見崎聡美のまた食べたくなるかんたん和風レシピ140

ここに掲載されている料理レシピが5分~15分で作れるものばかり。
しかも、一人暮らしではほとんどしない(であろう)揚げ物レシピは多分なかったと思います。まさに実用的です。和えるだけ、煮るだけ、炒めるだけの簡単なものばかりですからね。この本を見ると、かなり野菜がとれる料理ばかりが掲載されています。健康にもお財布にも良いですよ。

この本を買う前から和食中心の食生活していまして、最近では肉や魚をあまり(まったく!?)使わなくなってきました。動物性タンパク質と油分をできる限り減らす生活をしていまして、長期的に無理をしないダイエット生活を続けています。そういえば、最近焼き肉!だとかラーメン!とか食べたいという欲望も少なくなってきたような気がします。年のせい!?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。