--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/06/01(木)
『高齢者は若い世代の希望』

私たちは怪我あるいは病気等アクシデントによる死亡でもない限り、高齢者になります。
つまり、誰もが通過する道だといえます。


高齢者の生きる姿は、すなわち私たちの将来の姿。
そう考えると、全ての高齢者が笑顔で豊かに暮らしていてほしい、そういう社会であってほしい…。そしてそういう社会が自分たちが高齢者になったときも続いている社会であってほしい。。。
先、先を見すぎているかもしれませんが、やはりそういう展望って大切だと思うんです。


そして、今朝みたニュースによると…


 


家族介護4人に1人がうつ


65歳以上3割「死にたい」


 


だそうです。
施設福祉から在宅福祉への流れはすでにメインストリーム、いまや福祉社会の当然となっています。しかしながら、結局のところ、施設が負っていた負担を家族が負わされるという、単純な移行になっている…ということなのでしょうか。私的扶養というのはなかなか社会の焦点が当たりにくく、その問題はinvisible化しやすい性格をもちます。


身内の介護者が過度の負担を負う…ということは、その介護に愛情をもてないことにつながっていくことになるのではないでしょうか。高齢者虐待の主たる担い手は、介護者であるなんていうことも言われます。介護疲れで、子が親を、あるいは夫(妻)が妻(夫)を殺害するなんていうニュースも少なからず目にします。
単純に、「在宅福祉に移行したから高齢者もhappyだ!」というわけではないことを示しているような…かなりショッキングなニュースだと感じました。


自分は子どもや障害児者に興味持ってるから高齢者福祉は…とかいう人も、巡り巡って自己に降りかかる問題なので、ぜひ一緒に考えていただければと思う次第。

家族介護4人に1人がうつ


65歳以上3割「死にたい」


 高齢者などの介護をしている家族の4人に1人が軽度以上のうつ状態にあることが、厚生労働省研究班の調査で分かった。介護者が65歳以上の「老老介護」では、介護者の3割以上が「死にたいと思うことがある」と回答、体の不調を感じている人も5-6割に上り、介護負担の心身への影響の大きさがあらためて裏付けられた。
 調査は昨年6月、民間の在宅介護を利用している家族を対象に実施、8486人が回答した。
 軽度以上のうつ状態だった人は65-74歳が最も多く27%、次いで35-44歳の26%。最も低いのは34歳以下の20%だった。
(共同通信) - 5月31日17時33分更新


出所:yahoo news


スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。