--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009/10/21(水)
『学生の自治活動』
17日のブログ記事で、学友会活動について触れました。中学や高校でいうところの生徒会、大学によっては、「学生会」等様々な呼び方があると思います。本学の場合は、学友会と言っています。
とにかく始まったばかりの活動なので、手探り状態でやっております。それでも、「まずは学生さんの意見を聴いてみよう」ということで、学友会企画アンケートを実施することにしました。
要は「学友会企画に望むもの?」と「どんな企画をやってみたい?」に特化した簡単なアンケートを実施するのです。まだ数が揃わないので何ともいえませんが、今現在の途中集計だけでも、ずいぶん方向性が見えてきたような結果になっています。

少しでも、学生の大学生活が充実できると良いものです。ハード面は難しいところがありますが、ソフト面では何かできることはあると思うので。

さて、追記にやってまいりました。
昨日の東京は25℃を超える夏日でした。夕方のニュースをみたら、27℃まであがったとか。とても10月下旬の気温とは思えません。今日はずいぶん涼しくなりましたけどね。

これからどんどん寒くなっていくと思います。そんな時期に欠かせないのが鍋!ですよね。
去年までは学生時代から使っていた土鍋を愛用していたのですが、春の引っ越しの準備をしているときに破損してしまいまして。
ですが、先週末に西浅草の合羽橋道具街をブラブラ散策していて、その中にある「お鍋の博物館」というファンタスティックなお店で、あるお鍋を購入してきました!
もともとはタジン鍋という、蓋が円錐のようにとんがっている鍋を買おうと思っていたのです。独特の蓋の形が蒸すときに水分を循環させて、美味しく仕上げるという話です。ですが、このお鍋の博物館である鍋を発見して、半ば衝動買い。(笑)

その鍋は、土鍋(正確には、万能陶器)+最近人気のシリコンをあわせた優れものでして、蓋がシリコン製なのです。しかも、用途に応じて蓋の形状を買えることができるすごい子なんです。

(例)鍋の後に作る雑炊用&片付けるときに…
シリコン蓋1
このように、蓋が平らになっています。

(例)通常の煮込み料理を作るときに…
シリコン蓋2
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、蓋の中央部がちょこんと盛り上がっているのが分かると思います。

(例)茹でる料理を作るときに…
シリコン蓋3
上二つよりも蓋が盛り上がっているのが分かりますよね。

(例)蒸し料理を作るときに…
シリコン蓋4
最大限まで蓋をのばすと、これだけの高さに!これはまさしく当初自分が欲しかったタジン鍋と同じです♪鍋には付属の蒸し皿がついているので、大丈夫。



しかも、この蓋は蓋だけの用途以外にも使い方があるんです。ぺちゃんこ状態で鍋敷きに。さらにのばしてひっくり返せば、下準備の野菜入れ&魚のあらや蟹、枝豆の殻入れにも有効活用ができちゃいます。
これがひとつあれば、冬の料理はかなりバリエーションが広がることは確実ですね!

合羽橋道具街のいろんなお店や東急ハンズ、楽天市場を見てきましたが、このお鍋は「お鍋の博物館」でしか見つける事ができませんでした。他では取り扱っていないのかもしれません。

「蒸温菜鍋」という鍋です。どこかで見つけたら、手にとってみてくださいませ~。
セット詳細はコチラ

ちなみに、このキッチンは我が自宅です。日々のお弁当やご飯はここで作られています。(笑)
一口ガスコンロのように見えますが、二口です。圧力鍋で加圧しながらその合間に違う料理を作り、さらに炊飯用土鍋でご飯を炊くので、二口コンロでも足りないくらいです。ご飯は多めに炊いて、保存用タッパーで冷凍しておくようにしていますけどね。


あとは一人鍋(他の料理や食事も含めてですよね)をしなくていい日はいつになるやら。。。というところでしょうか!?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。