--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009/10/23(金)
『社会福祉の財源』
昨日のニュースですが、日本の社会保障給付額が発表されました。

社会保障給付、90兆円突破=7割が高齢者向け-07年度
10月22日 時事通信

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は22日、2007年度に税金や保険料から支払われた年金や医療、介護などの社会保障給付費が前年度比2.6%増の91兆4305億円となり、初めて90兆円台に乗ったと発表した。このうち高齢者向けの給付費は2.1%増の63兆5654億円で、総額の69.5%を占めた。
 診療報酬のマイナス改定を実施し、医療分野の給付費を抑えた06年度に比べ、高齢化の影響が顕著に表れた。同研究所は「少子高齢化が進展する中で必要な費用は確保しなければならない」と、今後も給付費は増加基調で推移するとの見通しを示した。
 国民所得に占める給付費の割合は0.5ポイント上昇して24.4%となり、国民1人当たりの給付費は2.6%増の71万5600円となった。いずれも過去最高となる。 



社会福祉は、社会保障のひとつに位置づけられます。ということは、社会福祉の財源は社会保障の中にあるといえます。このニュースを見ると、金額だけではなく高齢者への給付が右肩上がりであることが分かりますね。それだけ、必要とされている…ということがわかります。
ただ、介護保険も障害者自立支援制度(今回は7年度ですから支援費制度のころでしょうか)も、それまでの財政面での圧迫を軽減するための方向修正を繰り返しています。軌道修正したからこそ、これだけに抑えられているのか、あまり変わっていないのか…というのは判断が難しいところですが、適切で透明性のある支援がこれからも求められると思います。

無尽蔵に支援したところで、継続できない制度になってしまっては意味がありませんからね。それに、支援しすぎるということは福祉の精神とかけ離れてしまうわけで、自立支援につながる使い方になってもらいたいと願うばかりです。

そういえば、国の決算全体のどれくらいになるのでしょうね。調べればすぐに分かるのですが、これを読んだ皆様の宿題ということにしておきましょう。(笑)

3月下旬に東京に引っ越ししてきたとき、新しい部屋ではそれまで使っていた某キャリアの携帯電話の電波が入りませんでした。窓際じゃないと電波が入らない状態で、慌てて近くの携帯ショップでサンプル機を借りて、部屋のアンテナ状況をチェックしたのです。それで、某Dに乗り換えました。


そして、約半年。

店頭で、あるいは知人の持っているものをいいなあ。。。と思い続けて。




水曜日に買っちゃいました!!

そう。softbank Mobile iphone 3GS♪


なんていいましょうか、おもちゃを買ってもらった子どものように、いろいろといじって遊んでおります。楽しいですね。(笑)
普通の携帯なら、携帯で写真を撮って、加工はPC(あるいは加工しない)というケースが多いと思います。ですが、写真加工のアプリケーションをダウンロードすることで、パソコンでやっていた補正やアレンジがiphoneの中でできちゃうのです。
無料のアプリケーションを中心に低額のアプリケーションをいくつか揃えたので、デジタルカメラがわりにもなりそうです。フィルムカメラと併用して楽めますよ。


音楽とネットを使わないアプリケーションはi-pod touchに。カメラとネットを活用するアプリケーションはiphoneに。そんな感じで使い分けることになりそうです。携帯とi-podをくっつけたiphoneなのに、別使いになっております。(笑)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。