--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009/10/26(月)
『海外の福祉事情』
BIGISSUE日本版には「世界短信」というコーナーがあります。129号に興味をそそられる内容がありました。

「上海、高齢化社会に突入」

という記事です。どんな話題なのかというと…


上海は、労働者3人で2人の高齢者を支えている。出生率も中国最低で、条件に適合する夫婦に限り、2人目の出産を奨励しはじめた。
年金問題だけではなく、老人福祉施設の数や入居費用も大きな課題であり、それを解消するために、在宅福祉サービスに焦点をあてた政策が進んでいる。高齢者むけ食堂や配食サービスが開始された。民間企業による高齢者サービスにも期待されているが、利益率の低さから敬遠されている。


という内容です。

一人っ子政策のツケと、急激な経済成長による弊害…といえばいいんでしょうね。
似たような見本として日本の例があるので、上海の方々はぜひ日本の福祉制度を学び、「他人のふり見て我がふり直せ」をしていただければと思います。
日本は一人っ子政策をとらなくても、自然発生的に一人っ子世帯が増えてしまいましたし、経済成長と子育て基盤の脆弱さ等が少子化傾向の原因になっています。高齢者への対策も年金制度や介護問題はじめ、参考になるところや反面教師になるところもたくさんあります。そして、日本と上海で高齢者問題の意見交換とかできるといいですね。きっと両方にメリットが生まれると思います。

さて。
最近めっきり冷えてくるようになりました。今日は全国的に雨で余計に冷え込んでますよね。
そんなわけで、昨晩はもつ鍋にしました♪
読売ジャイアンツのリーグ優勝セールの恩恵で、いろいろと安かったのですよ。モツもかなり安かったし、キャベツも大量にあるし…安上がりでボリューム満載のもつ鍋です。

ただ、通常はニラをいれるところですが、「月曜日講義があるのに、ニラくさいなんて悪いよなあ。。」ということを考慮してほうれん草にチェンジ。整腸作用を狙って、蒟蒻をプラスしてみました。

そして、帰宅して台所にたって気がつきました。


スープどうする!?



市販のものがあれば簡単なのですが、ネットでみたら麺つゆに酒等を混ぜてつくるといいと書いてありました。これは簡単♪

そして冷蔵庫をみると…


めんつゆがない。(苦笑)


仕方がないので、醤油とみりんと酒と、思いつきで隠し味にちょっとだけ味噌をいれて、
「二度と作れない適当分量スープの醤油味もつ鍋・横山スペシャル」
が出来上がりました。
もつ鍋

せっかくなので、「天使のロッソ」で一人乾杯。
〆は卵雑炊。

思いがけずリッチな鍋になりました。
なお、写真右上は翌日のお弁当用に作ったほうれん草の煮浸しです。


もつ鍋をつっつきながら、名古屋で食べたもつ鍋専門店の味、どんなだったかなあ…また食べたいなあ…と思っちゃいました。それにしても、やはりもつ鍋にはほうれん草じゃなくてニラですよね。ニラのパンチ力がほしいところです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。