--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2010/06/02(水)
『続々報・地元で事件』
地元・村上の事件発生以来、すっかりニュースのほうも下火になり、少しずつ取り上げるメディアも少なくなってしまいました。世間の関心度の移り変わりの早さを改めて痛感しますが、それ以上に、いろんなことが起き過ぎですね。今は国政の動きが急転直下ですから。

そんなわけで、ここ数日のニュース状況を整理してみようと思います。




上のほうが最新ニュースになります。
出典はすべてyahoo!ニュースより。

村上の切断遺体:被害男性をDNA鑑定 発見から1週間、行方不明者と照合へ /新潟
6月1日13時2分配信 毎日新聞
 村上市蒲萄(ぶどう)の国道7号脇の側溝で切断された男性の胴体と両脚が見つかった殺人・死体遺棄事件は、1日で遺体が発見されてから1週間を迎える。村上署捜査本部は、遺体と特徴が似た行方不明者とのDNA鑑定による照合を進めるなど身元の確認を急ぐとともに、まだ見つかっていない頭部と両手首から先の捜索を続けている。
 遺体が見つかったのは、国道7号脇にある車のUターン場の側溝。5月25日午前10時35分ごろ、車で通りかかった男性が発見した。胴体は、黄色い布に包まれ、ビニールひもでくくられていた。胸や腹など心臓周辺に片刃の刃物で刺された傷が数カ所あった。
 司法解剖の結果、死因は出血性ショック。5月21~25日の間に殺害、遺棄されたとみられる。遺体の切断面から、鋭利な刃物で切られたとみられるという。アルコールも検出された。手術ややけどの跡、入れ墨、目立ったほくろなど、身元の確認に結びつくような身体的な特徴は見つかっていない。
 同本部は、特徴の似た行方不明者二十数人について、所在を確認するなどして31日午前までに十数人に絞り込んだ。また、遺体のDNA鑑定も行い、行方不明者との照合を進めるとともに、警察庁のデータベースで該当例がないかも調べている。
 また、現場周辺の国道沿いや海岸などで、未発見の遺体の一部や、犯人につながる遺留品を捜索している。不審な車両や人物を見かけなかったか聞き込み捜査も行い、遺棄された時間の絞り込みを進めている。
 捜査本部への情報提供は電話0254・52・0110。
……………………………………
 ◆被害男性の身体的特徴◆
年齢:20~30歳前後
身長:175~180センチ
体重:65~70キロ
足のサイズ:24.6センチ
靴のサイズ:26~27.5センチ
血液型:A型
 ※捜査本部調べ。一部は推定


村上の切断遺体:道の駅で聞き込み捜査 30人動員「不審者の目撃情報を」 /新潟
5月31日12時50分配信 毎日新聞
 ◇捜査員30人動員
 村上市蒲萄(ぶどう)の国道7号脇の側溝で切断された男性の胴体と両脚が見つかった殺人・死体遺棄事件で、村上署捜査本部は30日、遺体が見つかった車のUターン場の南約14キロの国道沿いにある「道の駅朝日」で聞き込み捜査を行った。
 遺体が捨てられたとみられる21~25日に現場付近を通った人を見つけ、不審な車両や人物を見かけなかったか話を聞くのが狙い。捜査員約30人が午前9時から、休憩や食事などのため道の駅朝日に車をとめたドライバーらから、話を聞いた。
 22日昼に、現場前の国道を通ったトラック運転手の男性(58)は「異常があったかは、しっかり見ておらず分からない。あそこ(車のUターン場)はトイレもなく、普段は車もあまりとまらない場所」と話した。捜査本部のこれまでの調べで、被害者の男性は20~30歳前後。いずれも推定で身長175~180センチ、体重65~70キロ。足のサイズは24・6センチ。血液型はA型。身元の確認を急ぐとともに、見つかっていない頭部と両手首の捜索を続けている。


村上の切断遺体:県内や東北、特徴似た不明者十数人 DNAを照合へ /新潟
5月30日11時32分配信 毎日新聞
 村上市蒲萄(ぶどう)の国道脇の側溝で切断された男性の胴体と遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、男性と身体的な特徴が似た行方不明者が県内などに十数人いることが29日、村上署捜査本部への取材で分かった。科学捜査研究所で遺体のDNA鑑定を進め、こうした行方不明者との照合を行うという。
 捜査本部によると、十数人は新潟や東北、北関東などの県警に家出人捜索願が出されていた人たち。県警の解剖では、遺体の男性は20~30歳前後▽推定身長175~180センチ▽推定体重65~70キロ▽A型--などであることが判明しているが、こうした特徴に近いという。
 また、胴体を包んでいる黄色の布に、胸や腹の傷口から多量の血がしみ出ていたことが、捜査関係者への取材で新たに分かった。胴体は脚、頭部、両手首が切られているが、切断面からの出血は少ないという。
 捜査本部は30日も、未発見の頭部などの捜索や、近くの「道の駅」での聞き込みなどの捜査を行う方針。


村上の切断遺体:未発見の頭部と手首、海岸沿い中心に捜索 背中目立つ傷なく /新潟
5月29日12時31分配信 毎日新聞
 村上市蒲萄(ぶどう)の国道7号脇の側溝で切断された男性の胴体と両脚が見つかった殺人・死体遺棄事件で、村上署捜査本部は28日、まだ見つかっていない頭部や両手首が海に捨てられた可能性もあるとみて、海岸沿いを中心に約70人態勢で捜索を行った。
 また、捜査本部は、不審車両などの目撃者などを求めて、遺体が見つかった車のUターン場近くの集落の住民や、通勤などの際、通りかかる車両などを対象に聞き込みを行っている。国道7号沿いの店舗などに設置された防犯カメラの撮影記録も調べている。
 一方、遺体の胸や腹には心臓周辺を中心に刺し傷が数カ所あった一方、背中には目立った傷がなかったことが、捜査関係者への取材で新たに分かった。
 これまでの捜査本部の調べで、被害男性は年齢20~30歳前後。いずれも推定で身長は175~180センチ、体重は65~70キロの中肉。血液型はA型。足のサイズは24・6センチ。21日から、遺体が発見された25日午前10時半ごろまでの間に、殺害、遺棄されたものとみて、目撃情報などを求めている。捜査本部の連絡先は電話0254・52・0110。


切断遺体に防御創なし、顔見知りの犯行か 新潟・村上
5月28日17時39分配信 産経新聞
 新潟県村上市蒲萄(ぶどう)の国道7号脇の側溝から男性の切断遺体が見つかった事件で、遺体には身を守ろうとしてできる傷が確認されていないことが27日、わかった。
 捜査関係者によると、傷口などから凶器は片刃の刃物とみられるが、攻撃を防ごうとして腕などにできる「防御創」は確認されなかった。このため、男性は顔見知りに襲われたか、抵抗できない状態で殺害された可能性が高いという。
 捜査本部は、現場付近や近くの駐車スペースなどの捜索を続けるとともに、男性が殺害され、遺棄されたとみられる21日から25日午前までの間の、不審車両などの目撃情報提供を呼びかけている。


村上の切断遺体:被害男性は65~70キロ 死後に切断、胃の中に食べ物 /新潟
5月28日13時9分配信 毎日新聞
 村上市蒲萄(ぶどう)の国道7号脇の側溝で切断された男性の胴体と両脚が見つかった殺人・死体遺棄事件で、男性の体重が推定65~70キロ前後であることが27日、村上署捜査本部の調べで分かった。捜査関係者によると、胃の中には消化中の食べ物が残っていたという。捜査本部は、該当する行方不明者がいないかや、遺体のDNA鑑定などを進め、身元の特定を急いでいる。
 捜査本部によると、胴体と両脚の重さは計56・7キロ。見つかっていない頭部や両手首と、血の重さを推計して加え、体重を算出した。推定身長は175~180センチ前後で男性は中肉とみられる。
 また、捜査関係者によると、出血の状況から、男性は胸などを刃物で刺されて死亡した後、切断されたとみられる。刺された刃物と、遺体が切断された刃物は別の物である可能性が高いという。
 同本部は27日、現場周辺の国道7号沿いを、前日より50人多い約70人に増員して捜索したが、遺留品などは見つかっていない。
 村上署捜査本部(0254・52・0110)は遺体の身元などの情報提供を呼びかけている。


村上の切断遺体:刺し傷、心臓周辺に 凶器は片刃の刃物--殺人でも捜査 /新潟
5月27日12時28分配信 毎日新聞
 村上市の国道7号脇の側溝で、切断された若い男性の胴体や両脚が見つかった死体遺棄事件。26日、司法解剖の結果、男性は刃物で刺されたことにより死亡したことが判明、捜査本部は殺人容疑でも捜査を始めた。捜査関係者によると、男性は片刃の刃物で心臓周辺を中心に数カ所刺されていた。一部は心臓や肺に達しており、いずれかが致命傷になったとみられる。
 切断された胴体と両脚が見つかったのは、村上市蒲萄(ぶどう)の山中を通る国道7号の脇にある「蛇之沢洞門(じゃのさわどうもん)回転場」。冬季に除雪車がUターンするためなどのスペースで、回転場の奥にある側溝(幅・深さとも40センチ)内に沿って置かれていた。
 回転場を管理する国土交通省羽越河川国道事務所によると、毎日2回、道路の点検をしているが、回転場の奥までは見ないため、異常は確認できなかった。付近には交通状況を把握するためのカメラが設置してあるが、記録は残していないという。
 一方、司法解剖の結果、死因は刃物で胸や腹の数カ所を刺されたことによる出血性ショックと判明。捜査関係者によると、傷口の形状などから凶器は片刃の刃物とみられるという。刃物から身を守る際に負う「防御創」は確認できなかった。死後3~5日経過しているとみられる。
 捜査本部は男性は他の場所で殺害され、身元を隠すため頭部や両手首が切断された可能性もあるとみている。隣接する山形県警などに行方不明者に関する情報を求め、身元の確認を急いでいる。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。