--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2010/07/27(火)
『試験でため息』
試験問題を作るにあたって、選択問題を作ったり記述問題を作ったり、いろいろと考えています。
多分、どの教員も試験問題を作成するときは、講義で伝えたことのうち、大切なことを中心に問題を作ると思いますが。。。


選択肢で語群を設けています。その語群の中には、

「明らかに選択しないだろう」

という引っかけのものも多数いれています。
福祉用語に似ている某歌手の曲のタイトルや先日のワールドカップの決勝で得点した選手の名前とか、選ばないだろう!?と思う訳です。そういう選択肢を除いていけば、ある程度正答を絞ることができるはずなのです。



が、それにも関わらずおかしな解答を示してくれます。



例えば、こんな回答がありました。
問い 老人クラブの主な活動は、社会貢献、( )、教養講座である。

( )の中に入るのは「スポーツ活動」なのですが、学生の回答の中には


農作業…それは老人クラブに入らなくても自宅で出来る高齢者も多くいるでしょう!

高齢化…もはや活動ですらありません。老人=高齢者。という発想!?



他にもここに書けないような回答をした学生さんもいたのです。
ずいぶん念押しして、教科書にも線を引かせたりしたのですが、どうしてそんな回答を書いてくるのか謎です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。