--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2010/09/01(水)
『介護の技量に「段位」について』
今朝の新聞で、このような報道がありました。

介護の技量に「段位」、雇用促進へ認定制度検討

政府は介護や環境、観光など将来の成長が見込まれる分野で、職業の習熟度や知識を客観的に示す「段位」認定制度の本格的な検討に着手した。
 一企業だけでなく、多くの企業・産業に通用する専門家を育て、雇用・転職の促進や高い技術を持つ人の収入増につなげるのが狙いだ。まず「介護・ライフケア」「環境・エネルギー」「食・観光」を対象に、能力評価基準やカリキュラムを検討し、2011年度末までに体制を整備。5年間で他の成長分野にも対象を広げる方針だ。
 段位制度は政府が6月にまとめた新成長戦略で提唱した。内閣府で31日開かれた「実践キャリアアップ戦略推進チーム」の有識者会議では、今後、段位の数や具体的な評価方法、既存の資格・検定制度との関係などを検討し、年内をメドに基本方針を取りまとめることを確認した。制度導入により、企業は求職者を評価しやすくなり、求職者も就職に必要な能力を見極めやすくなるとみられる。

出所:yahoo ニュース


他の分野については分かりませんが、介護については段位なんていう評価方法はナンセンスだと思います。
確かに、より正確に、よりスピーディに介護を行うことという点で数値化して評価することはできます。

が、それだけで介護の技能を測ることはできません。
なぜならば、介護は人と寄り添うコミュニケーションが求められる関わりだからです。

介護を利用する人はモノではありません。効率化や作業スピード等で能力を評価されてしまえば、今以上に介護は機械化、画一化していきます。ただでさえ、介護保険制度の影響でホームヘルプサービス等の在宅サービスの一部は時間で縛られ、効率化を余儀なくされています。

そんな時間に追われる介護サービスや機械化された介護を、高齢者は喜ぶのでしょうか?人と人とのふれあいがつまっている介護、そういうもののほうがもっと大切だと思います。


質の高い介護サービスというのは、段位という形では表現できないと考えています。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。