--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2010/11/09(火)
『就職指導の参考にしよう part2』
人事採用のプロが語る「東大でも落ちる人、田舎出身だから受かる人」

という記事が、lifedoor~働くママ・パパ育児の悩みを一緒に解決~というサイトに掲載されていました。


就職活動で行う努力は、仕事をしてからも通用する努力に通じることが書いてあります。そして、その努力を企業はチェックしているという話です。
情報が簡単に入手できる現代社会において、下準備も満足にできないと相手にもされないということです。



実力があるのにダメだった…

ではなく、実力を最大限に発揮させるための努力をしたかどうか。それが大切ですね。

この記事を読んで、あることを思い出しました。
ずっと昔、受験勉強していたときにある先生が話していたことです。

「準備8割、実践2割。トータルの努力を100とするならば、事前の準備に80費やせ。あとは当日に万全の体調で臨めるようにしておけ。それが実践で活きる。そして結果につながる」

受験勉強や就職活動だけではなく、普段の学習や生活スタイルにも大きな影響を与える一言です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。